メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 防災情報 > 避難所・AED設置場所 > ため池ハザードマップを作成しました

ため池ハザードマップを作成しました

更新日:2017年4月1日

シェア

ため池は、農業用水の貯水池等として必要なものであり、同時に大雨の際には、洪水を防ぐ調整池としての機能も有しています。
しかし、ため池には大地震により決壊すると洪水を引き起こす危険性もあります。町では、大地震でため池が決壊した場合の浸水想定と、避難対策等の情報を分かりやすく住民の皆さんに提供することを目的にため池ハザードマップを作成しています。

◎災害時に備えて

  • 日頃から家族やご近所で災害への対応について話し合い、家から避難所までの経路や、家族の連絡先などを確認しておきましょう。
  • マップを目に付く場所に置いて、いつでも確認できるようにしておきましょう。
  • 浸水が発生しやすい場所を日頃から把握し、危険を感じたら自主的に避難を心がけましょう。
  • 皆さんが災害について関心を持ち、いざという時に落ち着いて行動ができるよう、日頃から災害に関する正しい知識を身に着けておくことが大切です。
     

◎避難時の注意点

  • 普段は見えていた水路、溝やマンホールも洪水のときには泥水等で見えなくなるので注意しましょう。
  • 浸水の深さがひざまであるようなら無理に避難せず、高所で救助を待ちましょう。
  • 高齢の方、身体の不自由な方、子ども等は避難に時間がかかることを念頭に置きましょう。
  • 素足、長靴は危険です。紐で十分に固定ができる運動靴で避難しましょう。
  • 単独で行動せず、ご近所と声をかけ合って、家族やグループで行動しましょう。
  • 避難はできるだけ歩いて行いましょう。車やバイクでの移動は、流されたり、転倒や転落することもあり非常に危険です。

◎ダウンロード

平成26、27年度ため池ハザードマップは下記からPDFファイルをダウンロードできます。

〇菰野第一区

〇竹成区

〇田光区

〇小島区

〇田口新田区

〇田口区

〇音羽区

〇杉谷区

このページに関する問い合わせ先

観光産業課
電話番号:059-391-1144
ファクス番号:059-391-1193