メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > その他のお知らせ > 令和5年(2023年)菰野町長柴田孝之から新年のごあいさつを申し上げます

令和5年(2023年)菰野町長柴田孝之から新年のごあいさつを申し上げます

更新日:2023年1月1日

シェア

菰野町長柴田孝之から新年のごあいさつを申し上げます


皆さま、新年あけましておめでとうございます。

収束の見えない新型コロナウイルス感染症。昨年の第7波では、感染力の強いオミクロン株から「BA・5」へ派生したことなどから、国内の新規感染者が1日20万人を超える日が続くなどのかつてない猛威を振いました。

 

また、世界に衝撃が走った「ロシアによるウクライナ侵攻」からもうすぐ1年を迎えようとしていますが、こちらも収まる気配が見えず、原油や小麦などの価格高騰など大きな影響などから値上げの波も続いているところです。

そのようななか、当町では皆さまの「いのち」と「くらし」を守るため、新型コロナワクチンの接種や給付金事業をはじめ、物価高騰対策などの施策を実施してまいりました。国の(新型コロナウイルス感染症対応地方創生)臨時交付金などを活用し、認定農業者や観光関連事業者、高齢者施設や医療機関、保育所などの福祉施設などに対し、コロナ禍における原油価格・物価高騰に対する支援を行いました。このほか、各ご家庭に対しては、水道料金の半年間基本料金の免除やガソリンなどの購入に使用いただける「こものおでかけチケット」の配付などを行いました。

今年は、新型コロナウイルス感染症、ウクライナ情勢が収束に向かい、世界中の皆さまの暮らしに安寧が訪れることを切に願っております。

 

昨年4月には、組織改編を行い、新たに2つの課を編制しました。一つは、水道事業と下水道事業を一貫した体制で管理することで業務の効率化を図るため、水道課と下水道課を統合して「上下水道課」を設置しました。もう一つは、これまで教育委員会内の教育長部局であった社会教育課を町長部局に移管し、住民連携室と統合して「コミュニティ振興課」を設置しました。役場本庁の総合案内として、住民の皆さまとの対話を大切にしてきた住民連携室とスポーツ、文化の推進や公民館の運営管理などを担当していた社会教育課の統合により、住民サービスの向上に資するように努めました。

 

また、昨年7月、菰野町地域公共交通会議が地域公共交通優良大臣表彰を受けました。これは、多くの方にご利用いただいているAIオンデマンド交通「のりあいタクシー」やMaaSシステム「おでかけこもの」などの取り組みが評価されたものです。昨年10月には、のりあいタクシーの北部エリア、中部エリアについて運賃の見直しを行ったほか、乗継場所、乗降場所の新設を行いました。

 

昨年8月には、人材育成と地域社会の発展を目的に、四日市大学と包括連携に関する協定を締結し、地域の皆さまとともに今後の菰野町のまちづくりや持続可能な社会について学ぶ機会を設けました。社会教育カレッジと題し、四日市大学の岩崎学長から「まちの羅針盤(総合計画)」をテーマにご講演いただくなど、合計3回の講演会を開催しました。

 

また、デジタルトランスフォーメーションいわゆるDXの推進事業として、菰野町B&G海洋センターと菰野西競技場の「施設予約サービス」、道路の舗装などの破損を見つけていただいた際にスマートフォンなどから写真などの情報をいただく「住民通報サービス」、転入、転居、結婚、出産などの手続きについての必要な情報を入手いただくための「行政手続きガイド」の3つのサービスを新たに実施しました。多くの方にご利用いただいている菰野町MaaS「おでかけこもの」とともに、新たな技術を活用してより簡易で便利な行政サービスの提供に努めてまいります。

 

今後におきましても、観光と産業の振興を図り、菰野町の活性化に努め、周辺自治体との広域的な連携を図ってまいります。加えて、町民の皆さまの声を聞きながら「もっと住みよい町」づくりに注力すると共に、少子高齢化、人口減少社会を見据え、健全な財政運営にも努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

最後に、今年一年の皆さまのご健勝とご多幸を心より祈念いたしまして、新年のあいさつといたします。

 

音声ファイルは下記ダウンロード欄からお聞きください。

注:音声ファイルは令和5年1月1日(日曜日・祝日)6時50分、18時50分に防災ラジオにて放送のものです。

新年のあいさつの収録風景はこちら 菰野町公式YouTubeチャンネル