メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 医療 > 高齢者の予防接種 > 高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種について

高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種について

更新日:2021年4月1日

シェア

 平成26年度から高齢者肺炎球菌ワクチンが定期予防接種ワクチン(国が国民に接種を推奨するワクチン)に指定されています。
肺炎による死亡者の95%以上が65歳以上の方で、高齢者がかかる肺炎の原因でもっとも多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状で済む効果が期待されています。

※新型コロナウイルスのワクチンではありません。

 

◎令和3年度の接種期間

令和3年4月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)

 

◎令和3年度の接種対象者

  (1)以下の年齢に達する方

対象年齢 生年月日
65歳 昭和31年4月2日生~昭和32年4月1日生の方
70歳 昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生の方
75歳 昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生の方
80歳 昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生の方
85歳 昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生の方
90歳 昭和6年4月2日生~昭和7年4月1日生の方
95歳 大正15年4月2日生~昭和2年4月1日生の方
100歳 大正10年4月2日生~大正11年4月1日生の方


  (2)接種日当日に満60歳以上65歳未満であって、心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障害者手帳1級程度)


注:過去に自費であっても肺炎球菌ワクチン予防接種(23価ニューモバックス)を受けたことがある方は、定期接種の対象外となります。

 

◎予診票の送付

 ・上記(1)の対象の方には、4月初旬にピンク色の封筒で個別通知をします。

 ・上記(2)の対象の方で、接種を希望される方は健康福祉課までお問い合わせください。
 

◎接種費用(自己負担額)

 2,500円(生活保護世帯の方は免除)
 

◎その他

  • 令和2年度定期予防接種対象の方は令和3年3月31日をもちましてお手元にある予診票は使用できなくなりましたのでご了承ください。ただし、長期療養のため接種できなかった方は下記までご連絡をお願いします。 
  • 75歳以上の方を対象にした町独自の助成制度(2,000円の助成)は平成31年3月31日で終了しました。
  • できるかぎりかかりつけ医で接種してください。予約が必要な医療機関もありますので、あらかじめ医療機関にお問い合わせください。
  • 接種後は、健康手帳等に接種日、ワクチン名等を記録しておくことをお勧めします。

このページに関する問い合わせ先

健康福祉課 健康づくり係
電話番号:059-391-1126
ファクス番号:059-394-3423