メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 健康 > 風しんの流行にご注意ください

風しんの流行にご注意ください

更新日:2018年10月4日

シェア

 

 

 7月下旬以降、関東地方を中心に風しん患者が急増し、国立感染症研究所の発表によると、今年の全国患者報告数は9月23日時点で770人と、すでに昨年の年間報告数の8となっています。
 

 ◎風しんの主な症状等

  風しんはせきやくしゃみで飛沫(ひまつ)感染し、感染力は強く、インフルエンザの3~5倍といわれています。体内にウイルスが侵入した後、2~3週間の潜伏期間を経て発症し、発熱や発疹、首の後ろのリンパ節の腫れなどが出ますが、感染者の2割ほどは症状が現れず、感染を拡大させてしまう恐れがあります。
 
 

◎風しんが疑われる症状があったら

 風しんの主な症状(発熱、発疹、リンパ節の腫れなど)がある場合や、風しんを疑われる方との接触があった場合には、学校や仕事を休み、早めに医療機関を受診しましょう。

 受診する際は、事前に電話などで風しんの疑いがあることを医療機関に伝えましょう。
また、マスクを着用したり、公共交通機関の利用を避けたりして、感染を広げないように注意しましょう。
   
 

◎先天性風しん症候群(CRS)について

  妊娠20週ごろまでの妊婦が感染すると、生まれてきた赤ちゃんが眼、耳、心臓等に障がいをもつ先天性風しん症候群(CRS)となる危険性があります。妊娠中は風しん含有ワクチンの接種は受けられません。

  現在、三重県では、先天性風しん症候群(CRS)の発生を防止するため、妊娠を希望している女性やその配偶者などの同居者等を対象に、風しん抗体検査を無料で受けられる風しん抗体検査事業を実施しています。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

 ※現在、菰野町として予防接種費用の助成はおこなっておりません。

 
 

◎風しん情報の関連リンク(外部リンクです)

 

このページに関する問い合わせ先

健康福祉課 健康づくり係
電話番号:059-391-1126
ファクス番号:059-394-3423