メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 消防 > 全ての飲食店に消火器の設置が義務化されます

全ての飲食店に消火器の設置が義務化されます

更新日:2018年10月2日

シェア

改正の背景

平成2812月に発生した新潟県糸魚川市での大規模火災の教訓を踏まえ、小規模飲食店等における初期消火と、火災の拡大の防止を図る必要があることから消火器の設置基準について見直されました。

 

改正概要

これまで消火器具の設置は、150㎡以上の飲食店に義務化されていましたが、全ての飲食店に義務付けられるものです。

(一部除外あり)

施行日 201910月1日

 

点検、報告

 今回の改正により設置される消火器は、消防法令に基づく「点検と報告」が必要となります。

・機器点検 6ヶ月毎 【消火器の目視による点検、設置場所の点検】

・点検報告 1年毎  【消火器の目視による点検、設置場所の点検、指定の様式で消防本部へ報告(2部)】

 

 

◎リーフレット(リンク先:日本消防設備安全センター

◎自ら行う消火器の点検報告(リンク先:総務省消防庁パンフレット:(消火器点検アプリ含む)

 

消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書(Word文書/54KB)

消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書(記入例)(PDF文書/443KB)

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

消防本部
電話番号:059-394-3211
ファクス番号:059-394-5766