メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 入札情報 > 電子入札 > 電子入札システム実証実験(第2回)の結果について

電子入札システム実証実験(第2回)の結果について

更新日:2018年6月19日

シェア

 電子入札システムの動作確認、システム環境確認(正しく入札が行えるか等の確認)のため、当システムの実証実験(模擬入札)を実施しました。

 ご多忙のところ、実証実験にご協力いただきありがとうございました。

 今回の実証実験において、次のような事象がみられました。今回の実証実験では、無効の対象とはしておりませんが、電子入札システム本稼働後の入札においては、無効の対象となりえますので、ご注意ください。

  • 競争参加資格確認申請書提出時に求めていた資料(配置予定技術者届)の添付がなかった。(「配置予定技術者不足」等の理由で、無効の対象となりえます。)

 なお、結果については入札情報公開システムにて公開しておりますので、そちらをご覧ください。 

 ※ 今回の実証実験については、建設業の許可業種や発注区分に関わらず協力をいただいており、テスト案件としての入札金額となっております。

 ※ 競争参加資格確認通知書と入札公告で、入札期間が2通りありましたが、どちらの期間で応札しても有効としております。

このページに関する問い合わせ先

財務課
電話番号:059-391-1109
ファクス番号:059-394-3199