メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 消防 > 119番多言語対応について

119番多言語対応について

更新日:2018年6月11日

シェア

安心して119番通報が出来ます。

 三重北消防指令センター(菰野町消防本部、四日市市消防本部、桑名市消防本部)では、日本語が理解できない外国人の方から119番通報がしやすい仕組みとして、三重県内で初めて「三者間電話通訳システム」を6月1日から導入しました。

【システムの概要】

 外国人の方からの119番通報時、電話通訳センターを介して、24時間365日主要な言語で対応するものです。

【対応言語】5か国語(英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語)

三者間同時通訳の流れのイメージ画像

(1)外国人通報者が外国語で119番通報を行う。

(2)外国人からの119番通報を受信した消防本部指令員は電話通訳センターへ電話を繋ぐ。

(3)電話通訳センターは消防本部指令員が聴取したい内容を外国語で外国人通報者へ伝える。

(4)電話通訳センターは外国人通報者から聴取した内容を消防本部指令員へ伝える。

※通話は3者間で同時に行われます。

 

・近くに日本語で意思疎通が可能な方がいる場合は、その方に119番通報を依頼してください。

・慌てず落ち着いて、住所や現場近くの目標物を伝えてください。

・電話通訳センターと接続する際、一時的に無音となりますがそのまましばらくお待ちください。

このページに関する問い合わせ先

消防本部
電話番号:059-394-3211
ファクス番号:059-394-5766