メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 防災情報 > 緊急情報 > 大雪に対する備えについて

大雪に対する備えについて

更新日:2018年1月25日

シェア

最新の気象情報に基づいた行動を

 気象庁では、テレビやラジオ、ホームページを通じて、大雪警報や暴風雪警報、大雪注意報や風雪注意報、着雪注意報などの注意と警戒を呼びかけています。

 雪の降る前や降雪時は、このような情報をこまめにチェックし、常に最新の情報に基づいて、「外出を控える」「早めに帰宅する」などの判断を行うようにしましょう。

降雪・積雪時の外出の注意 不要不急の外出は控える!

〇 やむを得ず徒歩で出かける場合は、以下の注意をする。

・路面凍結している部分は歩かない。走らない。

・滑り止めが付いている長靴等を履いて外出する。

・手袋をして、両手はいつでも使えるようにしておく。

・歩幅を狭くする。

・軒下のそばには近づかない(屋根から雪が滑り落ちてくることがあります)。

・用水路等への転落に注意する。

〇やむを得ず自動車を運転する場合は、以下の注意をする。雪道をノーマルタイヤで走行するのは法令違反です!

・車間距離を十分取る。

・急ブレーキを避け、カーブはゆっくり曲がる。

・車内に閉じ込められた時のために準備・備蓄をする。

・気象情報や交通情報を確認し、通行止めになりそうな道路は避ける。

・危険を感じたら消防や警察に助けを要請する。

・除雪の障害になるので、むやみに車両を放置しない。

除雪(雪かき)は安全第一で!

〇雪かきの前に

・準備運動をしっかりやりましょう。除雪は見た目以上に重労働な上、寒い場所での作業は血圧や脈拍が上がりやすくなり、体調を崩す恐れがあります。

・最初は厚着して雪かきを始め、体が熱くなったら服を脱ぐなど、体温調節に心がけましょう。また、水がしみないように、防水素材の上着を着用しましょう。

・水分をたっぷり補給してから除雪作業をしましょう。また、のどが渇いたと思う前に水分補給をするように心がけましょう。

・切れた電線を見つけても触ったり近づいたりせず、電力会社に連絡してください。

(中部電力四日市営業所:0120-985-340

 地域の除雪協力のお願い

 家の前の除雪や、指定路線以外の除雪は、住民の皆さんの御協力が必要不可欠です。雪かきの道具を用意し、家や車に備えておきましょう。自助、共助による除雪に御協力をお願いします。