メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 行政案内 > 町の計画・調査 > 道路事業に関する社会資本総合整備計画事後評価を公表します

道路事業に関する社会資本総合整備計画事後評価を公表します

更新日:2022年3月31日

シェア

◎社会資本総合整備計画とは

道路、治水、下水道、市街地整備、住環境整備、広域活性化といった政策目的を実現するため、基幹的な社会資本整備のほか、関連するその他の社会資本整備やソフト事業を総合的かつ一体的に実施することが可能な社会資本整備総合交付金を活用するにあたり、地方公共団体等が作成する計画です。

◎社会資本総合整備計画の概要

 整備計画No.27

  • 計画名称
    道路施設の適確な老朽化対策による安心安全な道づくり(防災・安全)
  • 計画期間
    平成30年度~令和4年度(5年間)
  • 対象市町
    桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、鈴鹿市、亀山市、津市、松坂市、多気町、鳥羽市、明和町、大台町、伊勢市、玉城町、大紀町、南伊勢町、志摩市、尾鷲市、伊賀市、名張市、熊野市、御浜町、紀宝町、紀北町、度会町
  • 計画目標
    道路施設の適確な老朽化対策を着実に実行することにより、安全かつ信頼できる道路環境の提供による道路利用者の安心安全を確保し、安心して暮らせる生活環境を構築する。

◎社会資本総合整備計画及び検証結果の公表について

地方公共団体等は、社会資本総合整備計画を作成したときは、これを公表します。また、事業期間の終了時には、作成した整備計画の目標の実現状況等について評価を行い、その結果を整備計画と併せて公表します

このページに関する問い合わせ先

都市整備課
電話番号:059-391-1138
ファクス番号:059-391-1192