メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 防災情報 > 災害支援関係 > 災害時支援協定関係 > 新潟県三条市との相互応援協定活動関係 > 三条市へのボランティアバス(町職員有志)が帰町しました

三条市へのボランティアバス(町職員有志)が帰町しました

更新日:2017年4月1日

シェア

菰野町役場職員有志、現地作業災害ボランティアバスが帰町しました

新潟県三条市と菰野町は、本年7月8日に災害時における相互応援協定を締結しており、その後の「平成23年7月新潟・福島豪雨」により、三条市内の堤防が決壊し浸水被害が発生したことから、菰野町は浸水家屋の被害調査のため職員等を派遣しています。また、菰野町社会福祉協議会ではボランティアバス(7月8~9日・18人)を運行し、現地で泥出し作業等を行いました。

三条市災害ボランティアセンターは、当初8月10日頃までをボランティアの受け入れの目処としていましたが、お盆を過ぎても被災者からのニーズがあり、再び県外ボランティアを募集することとなっています。そこで、菰野町職員有志でボランティアバスを自主運行することにしたものです。

平成23年8月23日(火曜日)夜に出発し、24日(水曜日)現地での作業を終え25日の未明に帰町しました。なお、費用については参加職員の負担と役場職員のカンパで運営しました。

【参加者】
菰野町役場職員18名

現地での作業の様子

出発 説明 作業1
作業2 作業3 作業4

このページに関する問い合わせ先

総務課 安全安心対策室
電話番号:059-391-1102
ファクス番号:059-394-3199