メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 子育て・保育・幼稚園 > 子育て支援 > 乳幼児・学童の予防接種など

乳幼児・学童の予防接種など

更新日:2017年4月1日

シェア

<乳幼児、学童等の予防接種>
【定期予防接種】

伝染のおそれがある疾病の発生及びまん延を予防するため、予防接種法に基づいて実施しています。平成24年9月1日から、全ての予防接種を医療機関で実施しています。

  種類 接種方法(回数・間隔など) 対象年齢
乳幼児 ヒブ(Hib感染症) 注:1回目接種時の月齢により、接種回数が変わります。
【1】生後6か月までに開始…合計4回
初回接種:3回 27~56日の間隔
追加接種:1回 初回接種3回目の7~13か月後
【2】生後7か月~11か月に開始…合計3回
初回接種:2回 27~56日の間隔
追加接種:1回 初回接種2回目の7~13か月後
【3】1歳以降に開始…1回
生後2か月以上5歳未満
小児用肺炎球菌 注:1回目接種時の月齢により、接種回数が変わります。
【1】生後6か月までに開始…合計4回
初回接種:3回 27日以上の間隔
追加接種:1回 1歳以降に、初回接種3回目終了後、60日以上の間隔をおく
【2】生後7か月~11か月に開始…合計3回
初回接種:2回 27日以上の間隔をおく
追加接種:1回 1歳以降に、初回接種2回目終了後、60日以上の間隔をおく
【3】1歳~1歳11か月に開始…合計2回 
60日以上の間隔をおく
【4】2歳以降に開始…1回
生後2か月以上5歳未満
注:4種混合
(ジフテリア・百日咳・破傷風不活化ポリオ)
4回
初回接種:3回 20~56日の間隔
追加接種:1回 初回接種3回目の1年後
生後3か月以上7歳6か月未満
注:3種混合(DPT)ワクチンの接種(計4回)が済んでいない場合は4種混合ワクチンを接種してください。
不活化ポリオ 4回
初回接種:3回 20~56日の間隔
追加接種:1回 初回接種3回目の1年後
注:生ワクチンによるポリオの予防接種は平成24年8月
で終了しました。詳細は下段のお知らせをご覧ください。
BCG(結核) 1回 1歳未満
MR(麻しん・風しん) 1期 1回 1歳以上2歳未満
水ぼうそう(水痘) 2回
初回接種:1回
追加接種:1回 初回接種から6か月~1年後
注:平成26年10月から定期接種になりました。

1歳以上3歳未満

注:平成27年3月末までに限り、経過措置対象あり。

日本脳炎 1期 3回
初回接種:2回 6~28日の間隔をおく
追加接種:1回 初回接種2回目から1年後

3歳以上7歳6か月未満

注:上記以外の年齢でも接種可能な場合がありますので、下段のお知らせもご覧ください。

MR(麻しん・風しん) 2期 1回
注:対象年度(年長)の4月に通知します。
小学校入学の1年前(年長)
学童 日本脳炎 2期 1回
注:小学校4年生時に通知をします。
 

9歳以上13歳未満

注:上記以外の年齢でも接種可能な場合がありますので、下段のお知らせもご覧ください。

DT(ジフテリア・破傷風) 1回
注:小学校6年生時に通知をします。
11歳以上13歳未満
子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症) 3回
1回目から1か月後(または2か月後注:)と6か月後
注:ワクチンの種類により、2回目の接種間隔が異なります。
注:3回とも同じワクチンで接種することが必要です。
注:中学校1年生時に通知をします。
(平成25年6月以降、通知を中止しています)
小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女性
MR(麻しん・風しん)の3期・4期は平成24年度末で終了しました。

◎ポリオの予防接種について

平成24年9月1日から、ポリオ予防接種に使用するワクチンが、「生ワクチン」から「不活化ワクチン」に切り替わり、「生ワクチン」での接種がなくなりました。

ポリオの予防接種は、「不活化ポリオワクチン」または「4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)ワクチン」で行うことになりました。

「不活化ポリオワクチン」は合計4回の接種が必要です。「生ワクチン」によるポリオの予防接種が2回済んでいる方は、「不活化ポリオワクチン」を接種する必要はありません。また、平成24年8月までに、「生ワクチン」によるポリオ予防接種が1回しか済んでいない方は、「不活化ポリオワクチン」をあと3回接種する必要があります。

ポリオの予防接種が完了していない方のうち、「3種混合(DPT)ワクチン」を1回以上接種している方は、「不活化ポリオワクチン」を接種して下さい。

◎日本脳炎の予防接種について

 日本脳炎の定期の予防接種については、平成17年5月以降、厚生労働省から日本脳炎ワクチン接種の積極的推奨を差し控えることとされていましたが、平成21年6月以降に使用されている新しいワクチンの安全性が確認された事から、平成22年4月より接種を再開しています。

また、平成17年以降に日本脳炎の標準的な接種年齢(第1期:3~4歳、第2期:10歳)に積極的な勧奨が行われていないと考えられる、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方については、20歳に達するまでの間、第1期、第2期ともに予防接種法に基づく定期接種として無料で接種できるようになりました。

日本脳炎の予防接種についての接種勧奨(お知らせ・予診票の送付)については、ワクチンの生産量を勘案し、厚生労働省からの通知に基づいて、段階的に実施しています。お知らせ等が届いていない方であっても、対象年齢内であれば、接種することができますので、接種を希望される方は、子ども家庭課へ連絡し、予診票を取り寄せてください(予診票は、医療機関、各支所にはありません)。

予診票の配布にあたっては、接種歴(今までに受けた予防接種の種類と接種日)を確認し、接種方法について説明していますので、母子手帳をご準備のうえ、直接役場にお越しいただくか、子ども家庭課(TEL 059-391-1124 FAX 059-394-3423)までお電話ください。

予防接種の受け方や新しいワクチンの安全性についてなどのお問い合わせ・ご相談は、子ども家庭課までご連絡ください。また、厚生労働省ホームページに日本脳炎ワクチン接種に係るQ&Aが掲載されていますので、こちらも参考にしてください。

◎子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンの接種後に発生した副反応(接種部位以外に生じる身体の広い範囲で持続する痛みなど)について、その発生頻度や予防接種との因果関係について、現在調査中です。そのため、平成25年6月以降、対象者へ個別通知をするなどの積極的な勧奨をしていません。しかし、定期接種の中止とはなっていないため、対象年齢(中学1年生~高校1年生に相当する年齢の女性)の方で、接種を希望される方は、定期接種として無料で接種することが可能です。予防接種を受ける際には、予診票や説明文書が必要ですので、役場子ども家庭課まで取り寄せて下さい。

このページに関する問い合わせ先

子ども家庭課 子育て支援係