メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 子育て・保育・幼稚園 > 保育園・幼稚園 > 保育時間

保育時間

更新日:2017年4月1日

シェア

◎保育園・認定こども園(保育部)の利用時間等について

園名 開所時間 入園対象年齢
公立 菰野保育園 7時30分~18時30分 6ヶ月~
菰野西保育園 7時30分~18時30分 6ヶ月~
菰野東保育園 7時30分~18時30分 3歳児~(平成28年4月1日現在)
千種保育園 7時30分~19時00分(延長保育実施) 3ヶ月~
鵜川原保育園 7時30分~18時30分 6ヶ月~
竹永保育園 7時30分~18時30分 6ヶ月~
朝上保育園 7時30分~18時30分 6ヶ月~
私立 聖マリアこども園 7時30分~19時00分(延長保育実施) 11ヶ月~(要相談)

〇保育必要量の認定

 保育利用時間は保育短時間と保育標準時間の2つの区分があり、「保育を必要とする事由」によっていずれかに認定します。
 保育利用時間は原則、認定を受けた時間内になります。

  1. 保育短時間  8時30分~16時30分 (15時00分ごろから降園できます)
  2. 保育標準時間 7時30分~18時30分 

保育を必要とする事由 保育必要量 備考
保育短時間 保育標準時間
就労 勤務時間、通勤時間などの 状況に応じて認定します。
妊娠・出産 状況に応じて認定します。
保護者の疾病・障がい 疾病・障がいの状況に応じて認定します。
親族の介護・看護 介護・看護の状況に応じて 認定します。
災害復旧   申し出により、短時間に変更できます。
求職活動    
就学 就学の内容等の状況に応じて認定します。
その他の事由 状況に応じて、認定します。

〇時間外保育の利用

 保育短時間認定の園児が、やむを得ず認定時間を越えて園を利用する場合には、時間外保育の申し込みが必要です。
 時間外保育は通常の保育料とは別に時間外保育利用料として、1日200円(1カ月2,000円の上限あり。
 同一世帯から同時に2人以上利用した場合は、2人目は半額、3人目以上は無料)が必要です。
 また、保育標準時間認定の園児が18時30分以降の延長保育を利用する場合も時間外保育利用料が必要です。
 なお、延長保育を利用できる園は限られます。

〇土曜日保育について

 公立保育園の土曜日保育は千種保育園で実施します。ただし、保護者が土曜日に勤務する場合に限り利用でき、事前の申請が必要です。

◎幼稚園の利用時間等について

幼稚園の教育時間(在園時間)は、幼稚園教育要領で1日4時間を標準とすると定められています。

  • 教育標準時間 9時00分~13時00分
  • 登園時間    8時30分~9時00分
  • 降園時間    13時00分~14時00分
      注:年齢や送迎用駐車場の状況等により、各園で調整しています。
  • 休業日 
     夏季休業日 7月中旬~8月末
     冬季休業日 12月下旬~1月上旬
     春季休業日 3月下旬~4月上旬
      注:毎年曜日に合わせて変更しています。

〇一時預かり保育(幼稚園型)の利用

 降園時間終了後、下記の理由に該当する場合は、一時預かり保育を利用することができます。利用できる時間は午後3時までです。
 長期休暇中の一時預かり保育も、午後3時まで利用できますが、長期休暇中には一時預かり保育休業日があります。
 その他、園が休園とする日は、一時預かり保育は利用できません。
 利用料金は下表のとおりです。

一時預かり保育(幼稚園型)を利用できる理由>

  1. 保護者の疾病、出産、冠婚葬祭などの緊急的な事由
     注:緊急的な事由には学校行事への参加などは含まれません。
  2. 保護者の労働、職業訓練、就学などの継続的な事由

<利用料金>

時間 利用料 給食費等
通常日 午後2時から午後3時まで 200円 20円
長期休業日 午前9時から午後2時まで 400円 210円
午前9時から午後3時まで 600円 230円

注:聖マリアこども園(幼稚園部)についての詳細は、直接園にお尋ねください。

このページに関する問い合わせ先

子ども家庭課
電話番号:059-391-1124
ファクス番号:059-394-3423