メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 町の紹介 > 菰野町の文化 > 菰野町の文化財 > 【町指定】禅林寺の大日如来像

【町指定】禅林寺の大日如来像

更新日:2017年4月1日

シェア

有形文化財

【町指定】禅林寺の大日如来像
【指定日】平成4年9月17日
【所在】大字下村 禅林寺

本像は、禅林寺本尊として本堂厨子内に安置されており、宝冠を戴き白毫相(眉間のやや上に生えているとされる白く長い毛で、右巻きに丸まっている。水晶製・後補)をあらわし、智拳印を結んだ金剛界大日如来像である。

制作年代は体幹部の大部分は南北朝の作であり、膝前材は室町時代の後補で、造りは檜材の一木で当初は漆箔像であった。

台座の裏には修理墨書銘が記されている。
 

このページに関する問い合わせ先

教育委員会事務局 教育課 社会教育室
電話番号:059-391-1160
ファクス番号:059-391-1195