メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 町議会 > 議会日程 > 平成23年3月議会日程・質問

平成23年3月議会日程・質問

更新日:2011年3月28日

シェア

月日・曜日

事項

3月4日

金曜日

本会議・開会

提案説明

3月5日

土曜日

休会

 

3月6日

日曜日

休会

 

3月7日

月曜日

休会

代表・一般質問通告(正午締切)

3月8日

火曜日

休会

議案精読

3月9日

水曜日

休会

議案精読

3月10日

木曜日

休会

議案精読

3月11日

金曜日

本会議

代表質問

3月12日

土曜日

休会

 

3月13日

日曜日

休会

 

3月14日

月曜日

本会議

代表質問・一般質問

3月15日

火曜日

本会議

一般質問 

3月16日

水曜日

本会議

一般質問・(議運)・議案質疑・議案付託

3月17日

木曜日

常任委員会

 

3月18日

金曜日

常任委員会

 

3月19日

土曜日

休会

 

3月20日

日曜日

休会

 

3月21日

月曜日

休会

 

3月22日

火曜日

常任委員会

 

3月23日

水曜日

常任委員会

 

3月24日

木曜日

予備日

 

3月25日

金曜日

議会運営委員会

 

3月26日

土曜日

休会

 

3月27日

日曜日

休会

 

3月28日

月曜日

本会議・閉会

委員長報告・採決

注:議事の都合などにより、日程等は変更になる場合があります。
 

質問通告一覧

代表質問  3月11日(金曜日)

発言順序

質問者

質問内容

1

Net・大地
代表 服部住雄

  1. 町長の2期目の当選について
    1.町長の町政に対する抱負と決意はなにか
    2.出陣式で「町政でやり切ったこと、やり残したこと、やりたいこと、やらなければならないこと」など話してみえましたがどういう内容のことか
  2. 町民センター南グラウンドの今後の利用について
  3. 学びのサポート学力向上事業について
  4. 町内中学生の進路について

2

新進クラブ
代表 益田和代

  1. 地域医療について
    1.「地域在宅医療を考える」について
    2.ジェネリック医薬品の普及について
    3.介護支援ボランティア制度の導入提案について
  2. 男女共同参画社会を目指すには

3

清風こもの21
代表 増田秀樹

  1. 石原町長の2期目の行政運営について
    1.機動性・実効性のある組織体制の確立について
  2. 町長の考える地域活性化について
    1.ソーシャルビジネス・コミュニティビジネスの具体的な取組みについて
  3. 町民の安全・安心対策について
    1.巨大地震発生時の対策について
    2.消防水利の確保について

4

日本共産党
代表 加藤昌行

  1. 石原町長の政治姿勢を問います。
    1.平成23年3月2日設立の石原町長が幹事長である政治集団「日本の原点」は、どのような集団ですか
    目的、政治的手段は何を目指した政治集団ですか
    新聞は「日本の原点」は「反減税」で松田三重県知事候補の「支援団体」と書いています。
    菰野町の将来や町政、町民生活に利益になりますか
    2.第5次菰野町総合計画第1次推進計画(案)は、菰野町の将来像をどのように描いていますか
    3.TPP(環太平洋連携協定)は、日本と菰野町の農業、医療、労働など地域産業を破壊することが、ますます明確になって来ました。
    菰野町議会は、TPP(環太平洋連携協定)は、「日本と菰野町の農業、医療、労働など地域産業を破壊する」と請願を採択し意見書を国にあげました。
    地域産業を守るのは、町長の仕事です。TPP(環太平洋連携協定)に対し、町長の「あいまいな態度は許されません」。
    明確な反対の態度表明を求めます。
    4.中学校給食の実施予算が第5次菰野町総合計画第1次推進計画(案)には記載されていません。
    石原町長は中学校給食の実施についても、明確な考えがないようで、態度もあいまいです。
    中学校給食の実施について、菰野町「検討委員会」まかせにするのではなく、町長の明確な考え、態度が必要です。
    自校方式の中学校給食の実施を求めます。
    5.消防広域化に反対です。
    県及び関係機関と、どのような協議がなされていますか
    押しつけの「合併」でなく、自主的で対等平等な協議となっていますか 協議の現状について伺います。
  2. 根の平、切畑などの水道未普及地域に上水道が引かれ、4月に上水道が使用できることになりました。次は、水道未普及地域の鈴鹿台の番です。道路部分地権者の現状把握、対策と未普及解消のための計画を進めるよう求めます。
  3. 町民に損害を与えた下水道料金未徴収約400万円の弁償と責任を取るよう求めます。

5

こもの未来
代表 藤田賢吾

  1. 職員給与システムの最適化について
    1.昇給査定制度を菰野町独自で定めてみては
    2.新たな免職規定条例を定めてみては
  2. 消防団員不足問題について提案します
    1.女性分団の設立
    2.学生消防団員制度の導入
    3.消防団への体験入団制度の導入
    4.消防団員に対する報酬の考え方の見直し
    5.消防団員の家族に対する負担の低減化


一般質問  3月14日(月曜日)・15日(火曜日)・16日(水曜日)

発言順序

質問者

質問内容

1

8番 内田親根

  1. インバウンド・ツーリズム(訪日外国人旅行)について
  2. 水・環境の保護について
  3. 予算関連法案成立しない時の対応について

2

11番 中山文夫

  1. スポーツ、文化の充実について
    1.第5次菰野町総合計画 第1次推進計画では、八風中学校武道場整備とスポーツ施設整備事業が計画されていますが、具体的にどういった内容か
    2.スポーツ愛好家の多くは、総合体育館の建設を望んでいます。計画的な資金計画により建設を目指してほしい。
    3.現在の町民センターホールでは活用が制限されています。もっと幅広く活用できるような施設の建設を望む。
  2. 防災無線について
    1.防犯対策にも積極的に活用すべき。
  3. 放課後子ども教室事業について
    1.現在おこなわれている放課後児童クラブとの違いについてお聞かせ下さい。

3

10番 矢田富男

  1. 平成23年度予算・5次総合計画の所信・施策について
  2. 地域産業振興策をどのように考えるか。
    1.中小企業振興基本条例を制定する必要がありませんか
  3. 千種地区にコミュニティセンターがないのはなぜか
    1.地域コミュニティは日本の原点
    2.設置条例がなぜないのか

4

18番 中川哲雄

  1. 菰野町名誉町民の顕彰について
    1.菰野町名誉町民条例には、「町民生活の向上及び町の発展に貢献し、郷土の誇りとして町民の尊厳に値すると認める者に対しては、この条例の定めるところにより菰野町名誉町民の称号を贈る」とされています。
    名誉町民第1号が故藤川四郎元町長です。現在名誉町民はいません。
    名誉町民に、郷土史の研究に貢献されている佐々木一さん、地方自治の振興に寄与された前助役の松澤主税さん、前町長の服部忠行さんを推薦します。
  2. 交通安全施設等の整備、道路・河川等の維持修繕に関する「すぐやる課(すぐやる係)」の設置を求めます。
    1.長引く不況で、町民の生活不安が増大し、行政に対する不満や風当たりが強くなっています。
    こうしたなかで行政と町民との信頼関係を強化することが大切であり、多様化する町民の声・ニーズにすばやく対応することが今こそ求められています。
  3. 下水道事業の見直しを求めます。
    1.近隣市町で一番高い一般家庭の下水道料金の引き下げを再度求めます。
    2.平成21年度末で、下水道事業の進捗状況は下水道整備計画の43%しか達成されていません。地方債(借金)が92億円(一般会計は67億円)になり、公債費(借金の返済額)は5億円を超えました。
    平成23年度は、朝明川以北等の下水道事業の見直しの決断が求められます。

5

7番 秦 好文

  1. 菰野町内の企業の動向について
    1.企業の現状把握は
    2.企業立地の考え方
    3.新名神インター開通に向けて町の取り組みは
  2. 食育推進基本計画について
    1.町が考える食育とは
    2.地産地消推進について
  3. 荒廃地解消の取り組みについて

6

4番 出口利子

  1. 学校教育において子ども達に伝えたいこと
  2. 菰野町の特色を生かした道の駅について

7

2番 星川佳信

  1. 町の財政見通しについて
  2. 国道477号線バイパスについて
    1.供用開始(四日市~仮称、吉沢IC)に向けた周辺整備

8

12番 千賀優子

  1. 命を支える食育はあらゆる世代に必要です。
    食育基本計画の策定を求めます。
    1.食による健康の維持増進
    2.食を通じた豊かな心の育成
    3.食の安全安心の確保
    4.食文化の継承(地産地消、旬産旬消)
    5.食で進める環境の保全
  2. 現行の保育制度を堅持し、子育て支援の拡充を
    1.すべての子どもに保育サービスを保障するのは自治体の責任です。国が進めようとしている「子育て新システム」には不安があります。
    2.幼保一体化により生じる課題について
  3. 男女共同参画社会実現に向けて
    1.2005年策定の推進状況と評価について
    2.町はどのような積極的改善措置を行ってきましたか

9

16番 久留美正次

  1. 今後の上下水道料金はどのようになるのですか
  2. 第5次総合計画について
    1.前期の平成26年~平成27年の具体的な内容

このページに関する問い合わせ先

議会事務局
電話番号:059-391-1170
ファクス番号:059-391-1197