メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 町議会 > 議会日程 > 平成18年12月議会日程・質問

平成18年12月議会日程・質問

更新日:2006年12月22日

シェア

月日 曜日 事項
12月4日 月曜日 本会議・開会 提案説明
12月5日 火曜日 休会 代表・一般質問通告(正午締切)
12月6日 水曜日 休会 議案精読
12月7日 木曜日 休会 議案精読
12月8日 金曜日 休会 議案精読
12月9日 土曜日 休会  
12月10日 日曜日 休会  
12月11日 月曜日 本会議 代表質問
12月12日 火曜日 本会議 代表質問・一般質問
12月13日 水曜日 本会議 一般質問
12月14日 木曜日 本会議 一般質問・議案質疑・(議運)・議案付託
12月15日 金曜日 常任委員会  
12月16日 土曜日 休会  
12月17日 日曜日 休会  
12月18日 月曜日 常任委員会  
12月19日 火曜日 常任委員会  
12月20日 水曜日 予備日  
12月21日 木曜日 休会 議会運営委員会
12月22日 金曜日 本会議・閉会 委員長報告・採決

注:議事の都合などにより、日程等は変更になる場合があります。
 

質問通告一覧

代表質問  12月11日(月曜日)・12日(火曜日)

発言
順序
質問者 質問内容
1 町政クラブ
代表 星川 佳信
  1. 町長の町政にかける強い願い
    1. 来年2月執行される町長選出馬の意志
    2. 改めて問う「菰野町50周年」の意義
    3. 行政改革の要
  2. 教育行政に今何が問われているのか
    1. 暴力(校内)・いじめ・自殺・不登校・ひきこもり・未履修問題から
2 日本共産党
代表 中川 哲雄
  1. 国の高齢者、障害者など弱者いじめから暮らし、福祉を守れ
    1. いま自治体が問われるのは、「国と一緒になって弱者を切り捨て、社会保障制度改悪のお先棒を担ぐのか、それとも、住民の暮らしと福祉を守る防波堤となるのか」です。住民税の大増税などの増収分を、町民の暮らしと福祉を守るために使うよう要求する。
  2. 国保会計について
    1. 住民基本健診の有料化は検診を抑え、早期発見・早期治療を遅らせることになる。
    2. むしろ高い国保税の引き下げを要求する。
    3. 資格証明証、短期証の交付基準の見直しを求める。
    4. 保険財政共同安定化事業は菰野町の国保会計にどのような影響を与えるのか。
  3. 町民の暮らしと福祉を守る積極的対策を求める
    1. 国保税の減免規定の積極的運用を求める。
    2. 介護保険料の減免制度(神戸方式)を見直し、減免制度の充実を求める。また、生活困窮者に対する町長の減免規定の積極的な適用を求める。
    3. 障害者自立支援法による障害者1割負担に町独自の負担軽 減策を講じるよう求める。あわせて県への助成対策を、国への自立支援法の見直しの働きかけを求める。
3 こもの公明クラブ
代表 益田 和代
  1. 地域医療の充実について
    1. 健康診断の拡充について
    2. 健康管理について
    3. 救急体制について
    4. 地域主幹病院について
4 無所属クラブ
代表 出口 利子
  1. 都市計画マスタープランについて
  2. 学校教育現場におけるいじめ問題への取り組みについて
5 民政クラブ
代表 諸岡 文人
  1. いじめ対策について
    1. 小、中学校でいじめはないか
  2. 道路行政について
    1. 町内各地域の生活道路の路面改修を
6 清風こもの21
代表 千種 敏治
  1. 町長選について
  2. 行政改革について
  3. 農業問題について

一般質問 12月12日(火曜日)・13日(水曜日)・14日(木曜日)

発言
順序
質問者 質問内容
1 6番 伊藤 泰範
  1. 不登校問題について
  2. 第二名神・国道477バイパスは地域住民の要望を聞き入れるのか
2 10番 進士 尚義
  1. 一般廃棄物・資源物施策について
    1. 一般廃棄物処理基本計画
    2. 現状での評価と問題点
    3. 今後、ごみ減量と資源化率を向上させるための施策と課題
      ‐「三重県ごみゼロ社会実現プラン」推進への対応‐
3 14番 黒田  勝
  1. 後期高齢者医療広域連合について
  2. 広域行政の取り組みについて
  3. 超吸着性ハイブリット型環境触媒について
4 4番 峯岡  繁
  1. 利用料1割負担の障害者自立支援法の本格実施により、障害が重いほど負担が大きくなり障害者の機能訓練が制約され、生存権が脅かされています。利用料減免制度を実施し障害者の生活を守る施策を求めます。
    1. 町内障害者とその家族、障害者団体、施設関係者の声・要望を聴取しているか。また、制度変更による障害者への影響をどのように受け止めているか。
    2. 新制度による町内障害者のサービス受給状況は。
    3. 三重県と県内市町の減免制度取り組み状況は、どうなっていますか。
    4. 菰野町の利用料減免制度の実施への取り組みを求めます。
  2. 格差拡大社会の激化による低所得者増大に歯止めをかける取り組みと、住民の生活と生存権を守るため生活保護制度を活用して、町民の安心と活力を育てるまちづくりを求めます。
    1. 町民の生活保護申請者数の状況と主な申請要因は
    2. 生活保護世帯数、保護人員数の状況は
5 5番 内田 親根
  1. 人づくり・教育について
6 3番 加藤 昌行
  1. 行政改革アクションプログラムの課題について
  2. 「菰野町行政改革推進会議報告書」について
  3. 職員の意識改革と人材の育成について
    1. 職場環境の改善について
    2. 職員給与制度の見直しについて
    3. 能力給制度・勤務評定導入の検討について
7 18番 中山 文夫
  1. 障害者の雇用、職場実習の受け入れについて
    1. 障害者雇用の制度について
    2. 菰野町の障害者の雇用状況について
    3. 障害者の職場実習の受け入れについて
  2. 国際交流について
    1. 町内の国際交流の現状について
    2. 未来を担う人づくり事業について
    3. 姉妹都市提携について
8 19番 服部  勲
  1. 水道事業について
    1. 第6次拡張事業の進捗と今後の対応
    2. 未給水地区に対する対応
    3. 安定給水の確保に関する対応
  2. 下水道事業について
    1. 全体計画区域1547haに対する進捗と今後の対応
    2. コミュニティ・プラントを取り入れ、事業の早期完了を図ること
  3. 消防行政について
    1. 消防の広域化への対応
    2. 無線のデジタル化の対応
    3. 通信指令業務の広域化、共同化の対応
9 8番 久留美正次
  1. 執行部の考える議会または議員に対する姿勢について
  2. 生活排水に関しての公費と個人の費用負担のあるべき姿とは
10 20番 佐藤 孝幸
  1. 観光行政について
    1. カモシカセンター撤退後の御在所山上公園の将来をどのように守り、発展させていくか。
    2. 湯の山温泉一帯を観光地としていかに発展させるか。
  2. 集中豪雨による洪水対策について
    1. 町内を流れる各河川の河床整備と堤防の補強を、県に対してどのように働きかけているか。
    2. 洪水ハザードマップの作成は進んでいるか。
11 11番 服部 住雄
  1. 町教育委員会と学校現場との関係について
    1. 教育課程の届け出について

このページに関する問い合わせ先

議会事務局
電話番号:059-391-1170
ファクス番号:059-391-1197