メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 町議会 > 議会日程 > 平成20年9月議会日程・質問

平成20年9月議会日程・質問

更新日:2008年9月19日

シェア

月日 曜日 事項
9月1日 月曜日 本会議・開会 提案説明
9月2日 火曜日 休会 代表・一般質問通告(正午締切)
9月3日 水曜日 休会 議案精読
9月4日 木曜日 休会 議案精読
9月5日 金曜日 休会 議案精読
9月6日 土曜日 休会  
9月7日 日曜日 休会  
9月8日 月曜日 本会議 代表質問
9月9日 火曜日 本会議 代表・一般質問
9月10日 水曜日 本会議 一般質問
9月11日 木曜日 本会議 一般質問・(議運)・議案質疑・議案付託
9月12日 金曜日 常任委員会  
9月13日 土曜日 休会  
9月14日 日曜日 休会  
9月15日 月曜日 休会 敬老の日
9月16日 火曜日 常任委員会  
9月17日 水曜日 常任委員会  
9月18日 木曜日 議会運営委員会  
9月19日 金曜日 本会議・閉会 委員長報告・採決

注:議事の都合などにより、日程等は変更になる場合があります。
 

質問通告一覧

代表質問  9月8日(月曜日)・9日(火曜日)

発言
順序
質問者 質問内容
1 清進クラブ
代表 佐藤 孝幸
  1. 県立菰野高校の活性化について
    1. 二度目の甲子園出場で、全国に「菰野」の名を発信してくれた同校を、すべての面で町民一丸となって応援しよう。
    2. 町立中学校卒業生の、同高校就学率を上げるために、町内中学校はどのような進学指導をしているか。
  2. 葬祭会館の改良について
    1. 二年前、東の間を増設し、西の間・中の間に改良を加えたが、最大の東の間の利用が圧倒的に多く、これでも狭いと感じる場合が多い。大きな間の増築を考えたらどうか。
    2. 応急処置として、東の間を拡張してはどうか。
    3. 最もよく利用される東の間の使い勝手の問題
2 日本共産党
代表 峯岡 繁
  1. 町民の暮らしと福祉・子育てを応援する住民本位のまちづくりを求めます
    1. この5年間に国の地方交付税が約6億円、国庫支出金は1億円、合計で約7・3億円余も削減されました。一方、町民は、町民税約7億円、固定資産税約1.8億円、合計約9億円も負担増となり、物価高の追打ちもあり町民生活は困難を深めています。石原町長は、国に地方交付税などの復元を求め、町民の負担軽減に真剣に取組むよう求めます。
    2. 石原町長は「受益者負担」を強調して、施設使用有料化をすすめ、今年度約770万円(予算)も町民負担を押付けました。今後もコミュニティセンター、農村センターの有料化を計画しており、新たな使用料は重い町税に加えての2重負担です。いま必要なのは、コミュニティセンター利用など住民の自主的活動の応援と福祉施策の拡充です。
    3. 石原町長は、保育事業や学校給食事業の民営化にむけ「菰野町アウトソーシング導入にかかる指針」を策定しすすめています。「経費縮減」が目的ですが、例えば、保育現場の安定雇用と保育の質を担保する保障は不明です。いま必要なのは、民営化による公的サービス縮小で「官製ワーキングプア」増を許さず、住民が安心できる公的サービスを確保・拡充する町政の推進です。
  2. 消防広域化より消防力不足改善が先決です
    1. 石原町長は消防広域化をすすめていますが、菰野町に必要なのは消防広域化ではなく、住民の命と財産を守るに必要な消防力不足(町は人員が36人不足)の早期改善と、その財源を国の責任で確保することが先決です。
    2. 消防職員の給与・身分、勤務体制が市町によって違いますが、消防職員から出されている多くの不安の解決なしに広域化の押付けは消防力を低下させます。
3 こもの公明クラブ
代表 間島 末夫
  1. 救急搬送ドクターヘリについて
  2. 災害時の対応について
    1. 災害の時のヘリポートについて
    2. 緊急地震通報装置の設置について
  3. 公用車の燃料削減について
    1. ハイブリット車の採用について
    2. 菰野町のCO2の削減目標について
4 無所属クラブ
代表 出口 利子
  1. 住民の命を守るための施策について
    1. 菰野町の医療体制(救急医療体制を含む)について
    2. 各地区の自主防災への取り組みについて
5 民政クラブ
代表 服部 勲
  1. 広域行政について
    1. 消防の広域化の件はどこまで進んでいるのか、また、今後の見通しはどうなのか
  2. 公共下水道事業の朝明川以北の目標年次は
  3. 上水道事業第6次拡張計画の進捗状況は
6 清風こもの21
代表 増田 秀樹
  1. 町民の生命を守るために
    1. AED(自動体外式除細動器)の設置について
  2. 災害時に安心して避難できる場所の確保について
    1. 各地区公会所等の改築補助の見直しについて
  3. コミュニティバスの運行について
7 町政クラブ
代表 進士 尚義
  1. ふるさと納税制度への積極的な対応とこの制度を活かしたまちづくりの推進を
    1. 町長の基本方針について
    2. 現状での取組み状況と今後の進め方について
    3. 寄付金の活用方法とPR活動の対象範囲について
    4. 寄付金の管理運営について

一般質問 9月9日(火曜日)・10日(水曜日)・11日(木曜日)

発言
順序
質問者 質問内容
1 2番 益田 和代
  1. 次世代育成支援対策地域行動計画の検証について
    1. 延長保育について
    2. 病児・病後児保育について
    3. ファミリーサポート事業について
  2. 健診の推進について
    1. 5歳児健診の推進について
    2. 母親の歯の健診について
  3. 「こどもをまもるいえ」の考え方について
2 11番 服部 住雄
  1. 不登校の現状と予防対策について
  2. 「菰野ふれあい教室」について
  3. 国際交流事業について
3 3番 加藤 昌行
  1. 中学校給食を早期に実施することを求めます。
  2. 鈴鹿台、根の平、切畑の水道布設の現状について
  3. 町道永井永井河原線の整備を求めます。
    1. 永井橋南の道路部分の整備について
4 6番 伊藤 泰範
  1. 新名神・国道477号バイパス関係の町負担について
  2. 町税・国保税の収納率向上について
5 18番 中山 文夫
  1. 幼保一体化について
    1. 保育現場との話し合いは十分になされているか
    2. 園児の目線に合わせたきめ細やかな対応が必要
  2. 公共工事のあり方について
    1. 慣例、恒例で物事をすすめないこと
    2. 職員の意識改革が必要
6 12番 中川 哲雄
  1. 町民が憩える公園整備について
    1. こどもや高齢者が身近に憩える公園の計画的整備を求めます。
    2. 既存の公園(遊具や植栽を含む)の整備・維持管理責任はどのようになっていますか。また公園の安全を確保するための定期的な点検、補修などを行う維持管理計画は策定されていますか。
    3. 公園の安全や清掃、ガーデニングなど住民の参画が大変重要と考えます。
  2. 交通安全対策について 
    1. 都市計画道路「中里東高原線」と旧国道306号の交差点(宿野聖十字保育園の東交差点)に信号の設置が必要です。
    2. 特に学校周辺・通学路・公共施設周辺の道路表示(横断歩道や車の一旦停止車線など)・標識を点検し、適切な対処を早急に求めます。
  3. 菰野町の玄関口にあたる近鉄菰野駅前の整備はどうなっていますか。
     近鉄菰野駅前の整備に、平成20年度予算で駅前環境対策事業として978万円が計上されています。また菰野3区コミュニティー道路整備に、平成20年度予算で1,000万円が計上され、推進計画では平成20~22年度までの3ヵ年で、事業費7,500万円が計画されています。

このページに関する問い合わせ先

議会事務局
電話番号:059-391-1170
ファクス番号:059-391-1197