メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > 町議会 > 議会日程 > 平成22年3月議会日程・質問

平成22年3月議会日程・質問

更新日:2010年3月26日

シェア

月日 曜日 事項
3月3日 水曜日 本会議・開会 提案説明
3月4日 木曜日 休会 代表・一般質問通告(正午締切)
3月5日 金曜日 休会 議案精読
3月6日 土曜日 休会  
3月7日 日曜日 休会  
3月8日 月曜日 休会 議案精読
3月9日 火曜日 休会 議案精読
3月10日 水曜日 本会議 代表質問
3月11日 木曜日 本会議 代表質問・一般質問
3月12日 金曜日 本会議 一般質問
3月13日 土曜日 休会  
3月14日 日曜日 休会  
3月15日 月曜日 本会議 一般質問・議案質疑・(議運)・議案付託
3月16日 火曜日 常任委員会  
3月17日 水曜日 常任委員会  
3月18日 木曜日 常任委員会  
3月19日 金曜日 常任委員会 (午後から)
3月20日 土曜日 休会  
3月21日 日曜日 休会 春分の日
3月22日 月曜日 休会 振替休日
3月23日 火曜日 常任委員会  
3月24日 水曜日 予備日  
3月25日 木曜日 議会運営委員会  
3月26日 金曜日 本会議・閉会 委員長報告・採決

 注:議事の都合などにより、日程等は変更になる場合があります。
 

質問通告一覧

代表質問  3月10日(水曜日)・11日(木曜日)

発言
順序
質問者 質問内容
1 Net・大地
代表 星川 佳信
  1. 平成22年度当初予算(案)について
    1. 予算編成にあたっての願い
    2. 単独町政の課題<菰野町が菰野町であるために>
  2. 副町長について
    1. 今後の体制は
    2. 残された課題<行政改革と広域行政の視点>
2 清風こもの21
代表 秦 好文
  1. 公有地の有効活用について
  2. 水道施設用地の有効活用について
  3. 景観作物の有効活用について
3 日本共産党
代表 中川 哲雄
  1. 町長の政治姿勢について
    1. 誇ることのできる非核平和都市宣言を行っている菰野町の首長として、非核平和実現に向けた責任と使命を積極的に果たすよう求めます。
    2. 現在副町長は2人います。総務省から派遣された原田副町長の任期は2年で、平成22年7月末です。新年度予算には8月以降の副町長の予算が計上されていません。副町長は1人でよいと考えますがどのように対処されますか。
    3. 町税等の差押さえなど滞納徴収を適切に行い、町民に信頼される税務行政を再度求めます。 昨年8月「焼身自殺未遂事件」が起こりました。二度とこのような悲惨な事件が起こらないように、1.差押さえなど滞納整理は本人と必ず面接するなど実情を把握する。2.滞納整理は税務課だけで判断せず、調査会をつくり、健康福祉課など関係各課で総合的に判断する。支援が必要な場合は適切な指導と援助を行う。3.差し押さえなどの滞納処分は「悪質滞納者」に限るなどの改善を約束しています。ところがこの約束が守られていません。反省を求めます。
    4. 国民健康保険行政について 貧困と格差が広がるなかで、国保税が高すぎて滞納が増大しています。国保税の値上げは生活困窮者には大変な負担を強いることになります。適切な対応を求めます。
4 こもの未来
代表 出口 利子
  1. 平成22年度菰野町一般会計予算編成について
  2. コミュニティバスの運行の現状と今後について

一般質問 3月11日(木曜日)・12日(金曜日)・15日(月曜日)

発言
順序
質問者 質問内容
1 12番 千賀 優子
  1. 健康づくりについて
    1. 方針と計画を示してください。
    2. 取り組みに対する効果と課題はどうですか
    3. 啓発と健康教育についての計画は
    4. 健康手帳の交付と活用
    5. 全町民にライフステージごとの計画と支援を
    6. 健康サポーターの養成と活用を
  2. 住民参加と協働について
    超高齢化社会に向かう今こそ、望まれます。
    1. 行政改革推進法により職員が減らされ行政サービスが低下していませんか
    2. 専門性を発揮した仕事が続けられていますか
    3. 行政ボランテイアの制度創設を提案します。
    4. 団塊の世代が地域に帰ってきます。専門知識を生かしていただき、生きがいになればなお充実につながります。
2 16番 久留美正次
  1. 都市計画税の返還を求めます。 石原町長は、都市計画決定されている街路の廃止などを進められています。そして、昨年計画された町の羅針盤となるマスタープランにも街区公園などの都市計画事業の計画も明示されていませんので、都市計画税対象の事業はありません。目的税として市街化区域住民の支払った11億円もの都市計画税を精査の上返還を求めます。
  2. 平成22年度予算の提案説明を聞いて 「奉仕者」から「お上」に変わった感じがしました。
  3. マコモで町おこし事業について
3 10番 矢田 富男
  1. 平成22年度は石原町政の顔の見える予算か
    1. 22年度予算はどんなキャッチフレーズをつけますか
    2. 観光と農業の街としての考え方
    3. サプライズ予算はなにか
    4. 何を削って何を伸ばすコンセンサスはどこに見られますか
    5. 民意の反映を組み入れた予算か
    6. 新名神高速道路開通での菰野町の考え方
    7. 今後のコミュニティバスの考え方
  2. 幼保一体化と認定子ども園の考え方
    1. 無認可幼稚園への対応
  3. 持続可能な資源循環型社会を構築するために
    1. 廃棄物処理事業コスト分析廃棄物会計は作成していますか
    2. 粗大ごみの高齢者への対応
    3. レジ袋有料化検討協議会不参加の理由
4 3番 藤田 賢吾
  1. 下水道接続状況について
  2. きたるべき広域災害に備えて
  3. 児童福祉施設の拡充を
5 17番 加藤 昌行
  1. 第五次菰野町総合計画の策定を遅れることなく行うこと。「第四次総合計画」の総括・評価を行い、職員の知恵を集めて「第五次総合計画」の骨子を自前で策定することを求めます。定住自立圏構想は「第五次総合計画」に、どのように位置付けられますか
    1. 「第五次総合計画」策定の準備の現状は、どのようにすすんでいますか
    2. 「第四次総合計画」の総括・評価は、すすんでいますか
  2. コミュニティバスの路線改定は、利用者、住民の声をよく聞いて慎重に行うことを求めます。
  3. 老朽化した竹永幼保園の改築を求めます。
  4. 竹成地内の、近く開通予定の県道千草永井線交差点の信号設置を求めます。
  5. 竹永支所東道路・町道竹成68号線他の道路拡幅を求めます。
6 11番 中山 文夫
  1. 次世代育成支援対策地域行動計画について

このページに関する問い合わせ先

議会事務局
電話番号:059-391-1170
ファクス番号:059-391-1197