メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > 農林業 > 有害鳥獣対策のこと

有害鳥獣対策のこと

更新日:2017年4月1日

シェア

田畑の農作物がイノシシ、シカ、サル等の被害にあった場合、銃器等による追払い活動や捕獲を行っています。

◎田畑の農作物を荒らす鳥獣(イノシシ、シカ)を捕獲したいとき

自治会単位で申請して頂きますので、まず区長さんに相談して下さい。捕獲ができない期間(動物愛護週間等)、捕獲ができない区域(鳥獣保護区)もあります。

◎ロケット花火等の支給

サルによる農作物の被害でお困りの方に威嚇用の爆竹・ロケット花火・動物用駆逐煙火(T-3)の支給をしています。観光産業課窓口・各地区コミュニティセンターでお渡ししています。
注:動物用駆逐煙火(T-3)については観光産業課窓口でのみ支給しています。

◎有害鳥獣対策施設等設置補助金

田畑の農作物を荒らしたり、被害を与えるサル、イノシシ、シカ等から、大切な農作物を守るために、電気柵の設置及び防護施設の設置に係る材料費の30%(上限2万円、農地の面積が1ha以上の場合は上限4万円)を補助金として交付します。観光産業課窓口、JA各支店へお問い合わせ下さい。 

このページに関する問い合わせ先

観光産業課
電話番号:059-391-1144
ファクス番号:059-391-1193