メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップ  > くらしの便利帳 > ごみ・上水道・下水道 > 廃棄物(ごみ) > 家電リサイクル法の対象機器が追加されます

家電リサイクル法の対象機器が追加されます

更新日:2017年4月1日

シェア

平成21年4月1日より家電リサイクル法の政令改正によって、新たに対象機器が加わります。これまでのブラウン管テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機に加えて、液晶テレビ・プラズマテレビ、衣類乾燥機もメーカーによって回収・リサイクルされます。

平成13年に施行された家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の政令が改正され、新たに対象機器が追加されました。対象機器は液晶テレビ・プラズマテレビ、衣類乾燥機です。使用済みとなったこれらの商品を廃棄する際には、これまでの家電4品目(ブラウン管テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機)と同様に、リサイクル料金を支払い、小売店に引き渡すことになります。

詳しい内容につきましては、下記のリンク先のページをご覧下さい。

 〇経済産業省 商務情報政策局 情報通信機器課 環境リサイクル室のページ(外部リンクです)

このページに関する問い合わせ先

環境課
電話番号:059-391-1150
ファクス番号:059-391-1193