ノロウイルスに注意しましょう

感染性胃腸炎を伴うノロウイルスに注意しましょう

感染性胃腸炎は、例年12月頃にピークとなる傾向にあります。この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くはノロウイルスが原因だといわれています。

強い感染力で子どもや高齢者は重症化することもあるため、ノロウイルスを予防するための正しい知識を身につけて予防に努めましょう。

◎ノロウイルスによる主な症状
潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・発熱の症状が1~2日続きます。

◎ノロウイルスの感染経路
1.ノロウイルスに汚染された食品から感染する。
2.感染者が調理した食べ物から感染する。
3.感染者のおう吐物やふん便などのウイルスを介して二次感染する。人から人へと飛末感染する。

◎ノロウイルス感染予防のポイント
1.手洗い・うがいは丁寧に徹底して行いましょう。
2.食品の加熱は、十分に行いましょう。ノロウイルスは90度90秒以上の加熱で死滅します。
3.感染者が発生した場合、患者の排泄物を処理するときは次亜塩素酸ナトリウムなどできちんと消毒しましょう。
  (家庭用塩素系漂白剤10mlに対し水3ℓで、一般的な家庭の消毒拭き取りが可能です)

◎関連リンク

 〇国立感染症研究所 ノロウイルスなど検出状況のページ(外部リンクです)
 〇厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&Aのページ(外部リンクです)
 〇厚生労働省 ノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗いのページ(YouTube配信)