マイナンバー通知カードについて

マイナンバー通知カードについて

10月から通知スタート


◎まずは通知カードの受け取りを
みなさまの通知カードは平成27年12月初旬までに順次、平成27年10月5日現在の住民票の住所地へ、世帯ごとに簡易書留で郵送いたしました。
そのうち郵便配達時にご自宅に不在等で受け取っていただけなかった世帯の分につきましては、郵便局から役場へ戻ってきています。
 まだマイナンバーの通知カードを受け取っていない方は、役場本庁舎1階の住民課でお渡ししていますので、受け取りをお願いします。

◎住民課での通知カードの受け取りについて
世帯全員の分を同一世帯の方が受け取ることができます。
受け取り時に受領される方の本人確認のうえ、その本人確認書類のコピーを取らせていただきますので、窓口までご持参ください。郵便局の不在票がお手元にある方は、併せてご持参ください。
ご不明な点は、来庁される前に住民課へお尋ねください。
受け取りは、役場本庁舎1階の住民課窓口のみ(窓口開庁時間のみ)となり、各支所や本庁舎時間外窓口での受け取りはできません。

◎簡易書留の中身を確認しましょう
 
1.通知カード(世帯人数分)と個人番号カード交付申請書(世帯人数分)
 
2.マイナンバーの案内書類(1通につき1部)
 
3.個人番号カード交付申請書の送付用封筒(1通につき1部)
この3つを確認し、大切に保管してください。

◎通知カードとは
通知カード
表面
通知カード(表)
裏面
通知カード(裏)
通知カードとは、町民のみなさん一人一人にマイナンバー(個人番号)を通知する紙製のカードです。
券面には住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」(基本4情報)と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。顔写真が入っていませんので、本人確認のときには、別途顔写真が入った証明書などが必要となります。今のお住まいと住民票の住所地が異なる方は、通知カードが届かない場合がありますので、実際お住まいの市区町村に住民票の異動をお願いします。
通知カードには有効期限はありません。マイナンバーは一生使うものです。番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。再交付の際は、手数料が必要となりますので大切に保管してください。

通知カードは行政機関の窓口等でマイナンバーを求められた際に必要です。併せて本人確認を行うために運転免許証等の書類の提示も必要となります。
マイナンバー制度では、マイナンバーを記載した書類を提出する際、法律による本人確認(従来の「本人である確認」に加えて「本人の番号の確認」)が義務となります。
 ただし、後述の個人番号カードを取得すれば、1枚で「マイナンバーの提示」と「本人である確認」ができます。
 
引越しなどで市区町村に住所変更届等を出すときは、通知カードまたは個人番号カードを同時に提出し、カードの記載内容の変更をしなければなりません。
住所変更以外の場合でも、婚姻などで氏が変わった場合などカードの券面記載事項(基本4情報)に変更があったときは、14日以内に市区町村に届け出て、カードの記載内容を変更しなければなりません。手続きの際には変更される方全員のカードを必ずご持参ください。
送付される通知カードと個人番号カード交付申請書及び申請者ID
交付申請カード(表面) 交付申請カード(裏面)

◎個人番号カードの申請ができます
個人番号カードは、通知カードとともに送付される申請書を郵送するなどして、平成28年1月以降、交付を受けることができます。個人番号カードの交付を受けるときは、通知カードを市区町村へ返納しなければなりません。
※初回交付の手数料は無料です。
※申請書を郵送されるときには、「通知カード」と「申請者ID」を必ず切り離し、申請書のみを送ってください。

◎通知カードとの違い
個人番号カードは、ICチップ付きカードで、表面に基本4情報と本人の顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)等が記載されたプラスチック製のカードです。個人番号カードは本人の申請により住所地の市区町村長が交付しますが、強制ではありません。ただし、個人番号カードは、それだけで身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請、平成29年7月から開始される「マイナポータル」へのログイン等さまざまなサービスでご利用できます。

◎ご不明な点は
 〇個人番号カードコールセンター
  TEL 0570-783-573(全国共通ナビダイヤル※有料)
  【平  日】 8時30分~20時00分
         (平成28年4月1日以降、平日8時30分~17時30分)
  【土日祝】 9時30分~17時30分(平成28年3月31日まで、年末年始を除く)
  ※個人番号カードの一時利用停止については24時間365日受け付けます。
  
※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、
    050-3818-1250におかけください。
  ※外国語での対応をご希望の方は、0570-064-738におかけください。
    営業時間は同一です。
    対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語。
  ※ナビダイヤルは通話料がかかります。

 〇マイナンバー総合フリーダイヤル
  TEL 0120-95-0178(無料)
  【平  日】 9時30分~22時00分
  【土日祝】 9時30分~17時30分(年末年始12月29日~1月3日を除く)
  ※外国語対応のフリーダイヤル(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)
   ・マイナンバーに関すること・・・TEL0120-0178-26
   ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること・・・TEL0120-0178-27(英語以外の言語については、平日9時30分~20時00分までの対応となります)
  ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
   ・マイナンバーに関すること・・・TEL050-3816-9405
   ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること・・・TEL050-3818-1250
  

◎最新情報は

 〇個人番号カード総合サイト(外部リンクです)
 〇内閣官房のホームページ「社会保障・税番号制度」(外部リンクです)