道路事業に関する社会資本総合整備計画の事後評価の公表について

道路事業に関する社会資本総合整備計画の事後評価の公表について

◎社会資本総合整備計画とは
道路、治水、下水道、市街地整備、住環境整備、広域活性化といった政策目的を実現するため、基幹的な社会資本整備のほか、関連するその他の社会資本整備やソフト事業を総合的、一体的に実施することが可能な社会資本整備総合交付金を活用するにあたり、地方公共団体が作成する計画です。

◎社会資本総合整備計画の概要
 〇計画名称
   桑名・員弁・四日市生活創造圏における道路ネットワークの整備と安心安全でにぎわいのあるまちづくり
 〇計画期間
   平成21年度から平成25年度
 〇対象市町
   桑名市、いなべ市、東員町、木曾岬町、四日市市、菰野町、川越町、朝日町
 〇計画目標
   【1】主要幹線道路へアクセスする道路の平均走行速度の向上
   【2】沿線施設の整備による生活環境の向上や災害に備えた防災機能の強化が図れた地区整備率の向上

◎事後評価
地方公共団体は、社会資本総合整備計画に記載した目標の達成状況について計画期間の終了後に事後評価を行いその結果を公表することとなっています。

◎ダウンロード
 〇社会資本総合整備計画事後評価書(PDFファイル)