橋梁長寿命化修繕計画について

橋梁長寿命化修繕計画を公表します

計画内容

【計画の名称】 橋梁長寿命化修繕計画

【目     的】 従来の事後的に補修を実施する「対象療法型」から、致命瀧な損害が顕在化する前に予防的な補修を実施する「予防保全型」へ管理手法の転換を図り、
          長寿命化による橋梁維持管理のコスト縮減を図る。

【計画による効果】 コスト縮減額の合計約22億円(50年間)

【公表内容】 橋梁長寿命化修繕計画公表(PDF)
【点検結果】 橋梁点検結果(PDF)