町長のページ

菰野町民のみなさんへ
 
町長 石原正敬
 三重県菰野町長の石原正敬(いしはらまさたか)です。

 今年度は昭和32年に今の菰野町の姿となって60年を迎える節目の年です。菰野町はこの60年間、目覚ましい発展を遂げてきました。これは先人たちによる筆舌に尽くし難い苦労と努力の積み重ねによるものです。そして、今の世代である我々がこのまちを引き継ぎ、将来の世代に繋げていくためには、基礎自治体を取り巻く環境が大きく変化する中で、「右肩上がりの経済成長」といった従来の発想を脇に置き、今一度足下を見つめ直すことが重要です。今対処すべき課題を大きく2つ挙げれば、一つは、物流や人の流れを含めたまちの姿にも大きな影響を及ぼす平成30年度の新名神高速道路の町内インターチェンジ設置に伴う対応です。もう一つが人口減少と少子高齢化という日本全体が抱える大きな課題への対応であり、地域包括ケアシステムの構築など地域福祉の充実は不可欠ですが、人口減少等が直接的、間接的に経済、社会に及ぼす影響は深刻なものとなってきます。こうした課題に対し、私は、50年、100年単位の長期の時間軸の中で、町民の皆さんと共に考え、積年の重みを感じながらも60年を一つの通過点とし、将来において大きな効果をもたらすべく、先を見据えて準備と対処をしていく所存です。

太陽光パネル
 さて、私は平成19年3月の就任以来、町民の安全安心の確保を最優先として、町内全ての学校施設で耐震化率100%を達成し、現在では小中学校校舎の非構造部材について点検及び調査等を実施し、改修を行う事業を順次進めています。また災害時の電源確保のため収容避難所に太陽光発電、蓄電池設備を導入する事業も進めており、昨年度は役場本庁や一部の収容避難所に設置したところです。今年度は、新たに適切な管理がなされていない空家等の対策計画を策定し、地域住民の生活環境を保全するとともに、空家等の利活用の促進を図る事業に着手し、生後12箇月未満児を対象としたB型肝炎ワクチン、新指令センター1歳から4歳までの児童を対象とした流行性耳下腺炎ワクチン、1歳から中学3年生までを対象とした季節性インフルエンザワクチンの3ワクチンに係る予防接種費用の助成等、疾病の予防に重点を置いた施策に取り組みます。そして、4月1日からは三重北消防指令センターで、菰野町消防本部、四日市市消防本部、桑名市消防本部の3消防本部が消防通信指令事務の共同運用を開始しており、最新鋭の指令・無線システムを導入した機能強化によって迅速な対応をとることができるようになりました。また、高齢者の方が重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で最期まで暮していける社会の実現を目指し、地域包括ケアシステムの構築に向けて介護サービス提供体制の整備を促進していきます。
プロジェクションマッピング
一方、基礎自治体の立場から地方を創造する施策を進めるため、まず、将来を担う子どもたちの学習環境を向上させるため、すべての小中学校の特別支援教室を含む普通教室にエアコンを設置する予定です。そして農業と福祉という異なる分野が連携し、一般就労の雇用率が低い状況にある障がい者の雇用を促進するとともに、農業従事者不足の解消、農地の環境保全等を図るべく、農業を活用した障がい者雇用の方策等についても「農福連携」をキーワードとして調査研究していきます。また、菰野町の魅力を発信する事業として、昨年度、審査委員長に堤 幸彦 監督を迎えて菰野町観光プロモーションビデオコンテストを実施しました。ここで出展された愛知県の三つの大学が撮影制作した映像を役場本庁の壁面に投影する「伊勢志摩サミット」カウントダウンなどに活用しています。そして、台湾で開催された「日本の観光・物産博2015」に出展するとともに、外国人観光客の受け入れのため「インバウンドおもてなし研修」も実施しており、訪日外国人旅行者の誘客を促進しています。日本の観光・物産博2015さらに、「伊勢志摩サミット」関連公式行事として今年4月22日から開催される「2016年ジュニア・サミットin三重」では、当町が体験・交流行事の訪問先の一つに選ばれ、世界に菰野町の魅力を発信することが期待できます。
 続いて、社会資本整備に係る取組として、新名神高速道路が通過する地域における交通安全施設や道路などの整備等を実施します。また老朽化した廃棄物処理施設の改良、改修工事を行うとともに、低炭素な社会を目指し、防災力の向上を図るため、公共施設の省エネ改修や再生可能エネルギーの導入等を進め、エネルギーを地産地消する事業化の可能性を調査していきます。

これからも、現状と現実を見極めた小さな変化を積み重ねる中で、町民皆さまと目線を合わせ、進む方向を共有しながら「夷険一節」の精神で町政を推進して参りますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
  •  鈴鹿山麓無限∞会議について

  •  平成28年度一般会計当初予算町長提案説明

  •  基礎自治体の責任と気概(全国町村会「町村週報」2014年8月25日発行)