避妊・去勢手術の補助制度

避妊・去勢手術の補助制度

町では捨て犬・捨て猫を減らし、より良い環境をつくるため、避妊・去勢手術費の一部を補助しています。動物愛護法の改正により、飼い主はペットがみだりに繁殖して適正に飼養することが困難とならないよう、繁殖に関する適切な措置を講ずるよう努めなければならないこととなりました。犬や猫をペットとして飼養する飼い主に対して、また、動物愛護を目的として犬や猫を飼養している個人や団体で、第二種動物取扱業者として三重県知事に届出した方に対して補助を行います。

手続き方法や申請時に持参するものは手術の時期・手術を行う動物病院によって異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

◎ 避妊・去勢手術の補助金額・申請資格
平成26年9月17日現在)
補助対象
個人の飼い主
第二種動物取扱業者
補助金額
メス:3,000円
オス:2,500円
(犬・猫とも同額)
メス:6,000円
オス:5,000円
(犬・猫とも同額)
申請資格
犬:菰野町で登録し、狂犬病予防注射を接種すること。

猫:飼い主の住民登録が菰野町にあり、本町内で飼養されていること。
犬:菰野町で登録し、狂犬病予防注射を接種すること。

猫:本町内で飼養されていること。

動物愛護法第24条の2の規定による届出を三重県知事に行ったもので、「本町に住民登録がある個人」、「本町に事務所を有する団体」、「事務所を持たない団体」で、代表者が本町に住民登録を有する団体」のいずれかに該当するもの。