フンの始末は飼い主の責任 必ず持ち帰りましょう

フンの始末は飼い主の責任 必ず持ち帰りましょう

◎トイレ紙にくるみ、家庭で適正に処理しましょう
最近、犬の飼い方や散歩のしかたでの苦情が増えています。ペットは飼い主にとって家族同様であり、同じ集落に住む一員でもあります。しつけやマナーは当然、飼い主の責任になりますが、飼い方や散歩のしかたで、隣近所あるいは田や畑などの持ち主の迷惑となっていないか、今一度考えてみてください。

 ・ちかごろ、犬の糞(フン)による苦情が特に増えています。家の前の路上や農道、田畑のあぜなどに糞を放置したまま、犬の散歩をしている光景をよく見かけます。
   糞がそのままの状態では環境衛生上もよくなく、まちの美観を損なうばかりでなく、土地の所有者に大変迷惑をかけています。
   また、草刈り機であぜ草などを刈る際に糞が足元や体に飛び散るなど大変迷惑しています。
 ・犬を散歩する場合には、トイレットペーパーとビニール袋を持参し、下の図のように処理して家に持ち帰り、適正に処理するよう心がけてください。
フンの始末
 
◎犬を放し飼いしないで
放し飼いは他人に被害を与えたり、隣り近所に迷惑を及ぼします。犬を飼う場合、法及び三重県条例により、飼い犬が逃げる恐れがなく、また、人に危害を与えたり、他の財産などへの侵害の恐れがないよう、柵や檻、又は綱・クサリなどでつながなければならないと規定されています。必ず守りましょう。