婚姻届の書き方とご注意

婚姻届の書き方とご注意

※窓口取り扱い時間外でも、本庁夜間窓口にて婚姻の届出をすることができます。
   ただし、届書内容の審査または問い合わせ等は承っておりません。
   届け出の日にちを決めている場合は、窓口開庁時にあらかじめ内容の審査等をお済ませになり、届出当日は提出するだけの状態にされますことをお奨めします。

◎届書記入上の注意
  
【1】黒のインクまたは黒のボールペンで書いてください。
  【2】記入の文字は改変しないで字画をはっきりと、くずさずに楷書で書いてください。
  
【3】氏名は戸籍どおりの文字を正確に書いてください。  
  【4】住所・本籍は県名から略さず正確に書いてください。  
  【5】押印は、朱肉を使用してください。(シャチハタ等朱肉を使用しない印で押印しないでください。)
  【6】未成年者の婚姻には、父母の同意書を添付するか、婚姻届書のその他欄に署名、押印した同意の記載をしてください。
  【7】届書にも注意事項が記載されていますのでよくお読みのうえ記入してください。

届出について
 持参するもの   
  
【1】婚姻届書    
     婚姻届を提出する市区町村に本籍がない方は、事前に戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を本籍地で交付してもらい、婚姻届と一緒に提出してください。   
  【2】届出人(夫になる人と、妻になる人)の印鑑
 
証人    
   
成年者2名の証人の署名捺印が必要です。成年者であればどなたでも結構です。    
   ※夫婦等で性が同じ場合でも、必ず別々の印鑑を押印してください

◎「住民異動届」について
婚姻届を提出するだけでは、住所の異動はできません。
住所を異動される場合は、窓口開庁時間に、窓口にて次の手続きが必要です。
 〇他市区町村から菰野町へ住所を変更する方
  
変更前の住所のある市区町村で転出届を提出して「転出証明書」の交付を受け、
その転出証明書を添えて菰野町の窓口で「転入届出」をして下さい。併せてマイナンバーの「通知カード」または「個人番号カード」の券面事項変更届出が必要です。
 
菰野町内で住所を変更する方
  
菰野町の窓口で「転居届出」をしてください。
併せてマイナンバーの「通知カード」または「個人番号カード」の券面事項変更届出が必要です。
 ※休日には転入、転居等の住所変更の手続きはできません。平日の窓口開庁時間内に手続きしてください。