子宮頸がん予防ワクチン(予防接種)の接種勧奨差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチン(予防接種)の接種勧奨差し控えについて

現在、子宮頸がんの予防接種は、平成25年6月14日付け厚生労働省からの通知により、積極的な接種勧奨を差し控えています。

接種を希望される対象の方については、引き続き無料で接種していただくことができます。現在のところ、同意書等は必要ありません。接種の際は、かかりつけ医とよくご相談の上、接種をお願いいたします。

子宮頸がん予防ワクチンの接種後の副反応については、注射部位の痛みや腫れ、注射の痛みや恐怖をきっかけとした失神など比較的軽度のものは一定の頻度で起こることが知られています。

しかし、持続的な痛みを訴える重い副反応が報告されており、予防接種との因果関係や発生頻度など、現在調査中です。詳しくは厚生労働省のホームページ上にあるリーフレットをご参照ください。

 〇厚生労働省 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)のページ(外部リンクです)
 〇リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」(PDFファイル)


ご不明な点につきましては、子ども家庭課へご連絡下さい。